離型剤は専門メーカーで購入しよう

大型機械

離型剤とは鋳物等を型にはめて製品を作る過程において、型から製品をスムーズに取り出す為に使われます。離型剤には様々な種類があり、オイルシリコン系、界面活性剤、ワックス系、フッ素コーティング系等があります。
離型剤は便利なものですが、材料が堆積すると、押し出し系製品に筋がつきやすくなり、これをメヤニと呼びます。メヤニは見栄えの問題もあり、あまり良いものではありません。解決法として、フッ素コーティング系の離型剤を使用するのが良いでしょう。フッ素コーティング剤も種類があり、パウダーを吹きかけるだけの安価なものもありますが、シリコンオイルが混ぜられているものがあります。成形物の洗浄防止や、劣化を防ぐ為には焼き付け型フッ素コーティング剤がより望まれます。こちらは表面が乾性素材となるので、洗う必要がありません。膜厚も数ミリ以上になるので、劣化はありません。より専門的な技術が必要になるので、専門業者に依頼する必要があります。また膜厚の厚さから、精密な製品を作る事には向いていません。
離型剤を使用する事で、製品の寿命を延ばす、メンテナンスの時間を短縮する等、様々なメリットがあります。用途により、選択するものも変わるので、まずは業者等に相談して適切な素材を選びましょう。

latest recent

現場で使用するなら引火性のない離型剤がオススメ

蝶ねじ

プラスチックやゴム、シリコンが使われた製品は、私たちの身の回りに数多く存在していて、毎日の生活で頻繁に使用されています。そうした製品が作られる過程というのは、意外と知られていないのですが、大抵金属製の型に素材が流し込まれて成形されています。そうして成形された製品を型から取り外す際に必要となるのが離型剤であり、特にフッ素コーティングされた離型剤は粘着性がないため、スムーズに製品を型から取り外す…

穴あけ加工

生産性アップに役立つ現場で簡単に塗布できるフッ素系離型剤

製造業では、販売する製品を一度に全て作ってしまうわけではありません。通常は、ある程度の数量を用意して市場に投入し、売れ行きを見ながら増産対応を検討します。非常に売れ行きのいい製品だとスピーディに…

read more

工場

金型にはワックス系よりフッ素コーティング離型剤がオススメ

私たちの身近にある物の多くは、実は型に流し込まれて成形された製品です。成形された製品を型から取り外す際に、余計な力が入ってしまったり、間違った外し方をしてしまうと、繊細な製品は壊れてしまうリスク…

read more

大型機械

離型剤は専門メーカーで購入しよう

離型剤とは鋳物等を型にはめて製品を作る過程において、型から製品をスムーズに取り出す為に使われます。離型剤には様々な種類があり、オイルシリコン系、界面活性剤、ワックス系、フッ素コーティング系等があ…

read more